×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肋間神経痛の原因と症状

突然やってくる痛みの原因がわからず戸惑っている人も多いのではないでしょうか。ストレスがたまって調子が悪かったり、そこまでいかずとも日ごろ疲れがたまっている人は、それが肋間神経痛の原因になることがあります。
肋間神経痛の症状は、通常背中や体の片側に数秒から数分、強い痛みを感じます。肋間神経痛の原因としては、悪い姿勢やストレスが引き起こすものから、骨粗しょう症やガンの転移が原因となっていることもあり、素人では判断するのが難しいので、長期にわたって強い痛みが続く場合は、肋間神経痛だからと軽視せずに病院で検査を受けて、必要であれば適切な治療を受けるようにしてください。
肋間神経痛は、脊椎から肋骨にそって突然痛みが起こります。指で押すと痛みがおこる場所があることが多いです。咳をしたり、深呼吸でも痛みが走るのが肋間神経痛の典型的な症状です。
ストレスをためることによって起こる肋間神経痛や、姿勢が悪かったり疲れがたまったりすることにより起こる肋間神経痛などから、女性の場合は骨粗しょう症により骨がもろくなり、肋骨が疲労骨折したような形で肋間神経痛になることもあり、原因が多彩です。
肋間神経痛の薬

肋間神経痛の治療

肋間神経痛の治療は、その原因によって分けられます。まずは医療検査が最優先となります。そして、重大な疾患を見落とさないようにすることが、最大の目的です
背骨の悪性腫瘍や、外傷後の血腫などが原因で出現する肋間神経痛の場合は、メディカル治療がまず最初に施されます。そして、腫瘍や血腫に対しての治療が施されなければなりません。
また、同じような胸部の痛みには、胸膜炎があります。胸膜炎は明らかに骨格系統の痛みと鑑別が可能です。通常の整形学的な検査にて、診断が可能です。医療治療が施されます。
また、骨格系の異常から来る肋間神経痛は、変形などの重大な症状を調べつつ、筋肉や関節の操作をする事が痛みには有効です。
肋間神経痛の治療は治癒成績がよい疾患です。筋肉なのか骨なのか内蔵なのか神経自体の問題なのかを診断した上で、各種治療の先生を紹介してもらうのがよいでしょう。

肋間神経痛の予後

肋間神経痛は治る病気なのでしょうか。すぐに命に関わる病気ではないですが、病院検査を怠ったために重大な問題を見落としてしまわないように、万全を期してください。そうすればほとんどよくなる病気でしょう。特に、腫瘍や内出血や内臓自体の病気は、しっかりとメディカルチェックを行って、適切な処置を施す事が、予後を左右します。適切な治療を早く開始したならば、予後はよい病気の一つです。
病院で診察されて肋間神経痛だと断定された場合に自分で出来る治療方法としては、神経痛には温熱療法が効果的と言われています。患部を温めることで血管が拡張して滞っていた血液の流れが促進されるからです。痛みの走る部分を蒸しタオルで充分に温めてください。風呂に入るか、ドライヤーの温風で温めてもいいです。体が冷えると神経痛には良くないので、冬場は冷えないように注意するのは当然ですが夏場のクーラーにも注意してください。

Copyright © 2007 肋間神経痛の悩みを解消|肋間神経痛サイト